読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO YOGA NO LIFE

ヨガやフラワーエッセンス、アロマテラピーなど自然療法に興味があり、心と身体のバランスを取る方法などを紹介していきます。また自然や動物と暮らす中で感じる事なども綴っていこうと思います。

三日月のポーズ

ヨガ

  前回ブログで紹介した顔晴るジムの芹澤さんのYoutube動画を見て以来、毎日の練習に三日月のポーズ(サンスクリット語でアンジャネーヤ・アサナ)や三日月のポーズの後ろ足の膝を曲げるバージョン、エカ・パダ・ラジャカポーターサナⅡを取り入れています。

 前回の記事はこちら↓

tree.hatenablog.jp

 やり始めて数日して気付いたのですが、数年しつこくあった右膝の痛みというか、違和感が知らぬ間になくなっているんです。それから時々出ていた踵の痛みも消えました。膝の痛みは戦士のポーズなどのスタンディングポーズで踏ん張った後などに違和感があり、あとは胡坐やバッタコナーサナでも日によって多少の違いはあれど痛みを感じていて練習後には膝が腫れて熱くなったりすることも。また踵の痛みは朝起きた時にシャープな痛みが走り階段をスムーズに降りれない事もあったほどです。今まで毎日ヨガをしていてヨガの先生に個人レッスンを受けて色々膝に負担がかからないような工夫をしていたのに、それでも駄目だったんですが、、、。

 それが今はインド占星術の勉強でずっと座って勉強することが増えても痛みがなくストレスフリー。本当に不思議なんです、この数年デスクワーク中心の生活とヨガ以外の運動不足もあり、股関節が硬くなっているのを感じほぼ毎日鳩のポーズはしていました。鳩のポーズも三日月のポーズと似た動きなので、あまり違いはないと思います。ただ鳩のポーズでは後ろ足を曲げるマーメードポーズまでは毎日はしていませんでした。

 以前、野田整体の体癖の本を読んだ時に私はそれでいう「7種」にあたり体がねじれているようです。なので骨盤も歪んでいますからもちろん長年使っていると支障は出てくるはずです。それがこの三日月のポーズで整えられているようです。

 こんな小さな事というか、少しの動きというか、何かのきっかけで変わるなんて体って不思議ですね。それと同時に発見するきっかけを与えてくれた動画に感謝が尽きません。 

 ヨガでできることは限りがあると思いますが、体のサインを気付きやすくしてくれたり、深く取り組むことで症状が軽くなったり、病気を予防したりすることができることもあります。今回の件は人の体がとても複雑で原因やきっかけ、そして解決法はどこに潜んでいるかは分りにくいことも多々あるということだと感じました。ヨガの面白さは次から次へと出てきます。

ガネーシャ神のオラクルカード

ヨガ

今日は年明け初めてのアストロジー・クラスを受けました。今日は先月からの復習で、来月終わりに先生の師が教えに来られる迄に皆の足並みを揃える感じのようです。私としては少し物足りなかったですが、久々に会ったクラスメートと楽しい時間を過ごしました。

 先生は毎年、年の始めにその年のテーマを見るのに違ったオラクルカードを用意するのですが、今年は有名なインドの神様で、頭が象のガネーシャのカード。 私が引いたのは「Divine Support (神の助け)」というカードです。このところ「音楽」や「音(サウンド)」について何度もサインが来ていたので、今の自分に必要なメッセージなんですね、きっと。このカードは、『AUM(OM)というヒンズーの聖なる宇宙の音を発したり、聞いたりする事によってガネーシャ神のサポートを受けられますよ』という内容。

 ガネーシャは障害を取り除いてくれる神様として知られる他、英知を授けて下さる学問の神であったり、商売繁盛や開運の神様としてインドでは一般的に祀られています。日本でも「聖天」として祀っているお寺があるそうです。私自身もう10年以上も前にタイに行った時、仏教ストゥーパや仏像が並ぶ中に青いガネーシャの像があり、「あら、こんな所に。」と不思議に思った記憶があります。タイは仏教国ですからかなり異質に思えましたが、象の姿は愛らしくて体が人間という不完全さが親近感を出してくれて結構和む存在のように思えます。

 それから占星術師にとってもガネーシャは守護神として重要な存在です。最初にガネーシャにお祈りをしてからチャートを作成すると精度が上がるんだとか。そういえばヨガのスタジオにも大きなガネーシャ神が飾られていました。皆の勉強の場が益々熱くなりそうです!

 

Whispers of Lord Ganesha: Oracle Cards

Whispers of Lord Ganesha: Oracle Cards

 

 

 

2017年の年明け

ヨガ

明けましておめでとうございます。皆様、楽しいお正月はお過ごしになられましたでしょうか?

 アメリカでは年明けと共にクラッカーとシャンパンに、花火をあげてお祝いするのが一般的で、我が家の猫達で気の弱い子は花火の音にびっくりしベッドの下に隠れてしまいます。

 そして家はサービス業の為、このようなホリデーは仕事が多いのでイベントでゲストが楽しんでいるのを見守った後、家へ帰って寝るというパターンがほとんどです。いたって平日と変わりない年末年始です。

 1月1日はNYのクリシャナ・ダスのコミュニティーで行われているハヌマン・チャリサを108回唱えるイベントがライブビデオで公開されており朝からこれに参加しました。しかしながらあまりにチャントが難しくてついていけず、一時間で挫折。その後は自らのアサナの練習と瞑想を気楽にやってから朝食をすませてからセールの買い物へ。

 フロリダの気候のせいで、手持ちの冬物が非常に少ないのですが買い物に出ると、何とも可愛いセーターやパンツがあちらこちらに。寒い所から来る旅行者向けに展開されていて夫婦共々がまんできず、ついつい買ってしまいました。断捨離するはずだったのに年始からこの様とは…。

 

今年もどうぞ宜しくお願いします。

 

年末なので棚卸だ

ヨガ

年明けまでこちらの時刻ではまだ明日1日ありますが、日本はもう31日ですね。
今年はブログを何とか更新し続け、ブログを通してヨガの仲間ができたことを嬉しく思っています。ブログの読者の皆様、有難うございました。来年も皆で一緒にヨガ道を極めていきましょう★

今日はフロリダも結構冷え込んで暖房をつけました。猫達にはそれぞれブランケットを用意すると、その上で寝てばかりの一日でした。寝る、食う、遊ぶだけの猫達を見ていると本当にきままで優雅だなぁーと思います。

私はといいますと、今年は色々変化の多い一年でした。やりたい事があるものの興味がシフトしていったり人生計画が大きく変わったりしたので今日はノートを使って目標や問題解決の為にすべき事をリストして棚卸しをしました。見返りや結果をもとめずに行動することが今のアプローチですので、目標が到達できなくても構わないのですが紙に書き出すことによって今の自分の優先事項が明確にわかります。

来年からはもっと英語の勉強と、引き続きインド占星術そしてヨガの学び、そして気になっている動物愛護のNPOでボランティアをしていきたいです。プライベートでは庭造りを完成させたり、友達との時間を増やしたり、旅行をするための貯金をしたりなど。

私の英語の知識はかなり偏っているので一般的な事を文章で書いたりする機会を増やす為に英語でブログを別に始めようかなと考えています。

細かく短期の目標設定をしたので、少しずつ実現化していけたらいいなあと思っています。また目標は変わるかもしれないので1ヶ月ずつ見直す事も大事ですね。

皆さん、楽しい年越しをお過ごし下さい。

美味しい料理の食べすぎにお互い気をつけましょうね~。

 

 

マハーバーラタ(DVD)

ヨガ

最近のマイ・テーマは前にも話したとおり『カルマ』なのですが前回の記事を書いてから友人が『マハーバーラタ』を見るといいと教えてくれたので、早速図書館へ行ってDVDを借りることに。図書館のシステムには「在庫あり」になってるのに見つからないので、司書さんに確認したのだけどやっぱり見つからない。こんなハプニングはよくあることで、司書さんも「他の図書館から取り寄せて自宅へ配達させるわ。」と当たり前のように話し、私も「本当に有難う!助かります。」と普通に感謝を伝えて待っていたら2日で到着したのでびっくりしました。

 こちらの図書館は本をPCでリクエストすると自宅まで配達してくれる便利なシステムがあるのですが、届くのがいつになるかは分らないので早く必要な時には直接出向いて借りるのです。

 そんな感じで無事借りる事ができDVDを見始めたら、かなり不自然な舞台と演者につっこみどころが満載!!1988年~1990年作となってるのに!!結構最近なのに~。ですが、見続けている内にどんどん引き込まれていき今やvol.2です(笑。1巻には6つのエピソードが入ってます)。あと10巻くらい、まだまだあります。マハーバーラタウィキペディアの情報によると全18巻からなる叙事詩で聖書の4倍の量があるとか。なので、ゆっくりみていきたいですね。

 私達は普段の生活で意識しないとマインドによって過去や未来に囚われがちになり、頭で考えたり、感情で動いてしまったりすることが多く、また先を見据えて行動することも常です。それも決して悪いことではありませんが、私はその方法で壁にぶつかってしまったので、最近は結果に執着することなく、できてもできなくても構わないから120%の力でやってみるということを実践しています。

 アサナの練習も少し今までより負荷をかけてチャレンジする方向へシフト中。これはマイペースな私にとってあまり自分らしくはないのですが、星のエネルギーの影響もあり今はかなり意欲的になってます。

 

先を考えずに、まずはやってみる。見返りを求めないこと。そして誰か(人だけでなく、動物や植物なども含め)の為になることをできるだけする。

これを目標に来年は私だけでなく周りにとっても幸せで良い年になるようにしたいです☆

マハーバーラタのドラマの日本語訳がYoutubeにあった!つっこみどころが多すぎて面白い。でも深いんです。


実写ドラマ・マハーバーラタ 第01話 前編

アメリカのクリスマス

雑記

皆様クリスマスはいかが過ごされましたか?アメリカではクリスマスの日は感謝祭同様、イブには店が早めに閉まり、当日はほぼ全ての店が閉まってしまいます。こんな時にも中華料理屋さんなどアジア系レストランは開いているのですが、一般的にアメリカではクリスマスは家族で過ごすのが恒例となっているので街のレストランも小売店も閉店します。従業員の人も皆家族の元へ行ってお祝いできるので、その方が絶対いいですよね。日本は年始も毎年早めから開店することになって忙しすぎる気がします。

 

 主人の家族は皆フロリダ内に住んでいるので、大体朝は各家族で過ごし、ディナーに集まります。クリスマスの朝、子供達はまずそれぞれの家で親がもみの木の下に用意した沢山のプレゼントを開けます。そして夜にもう一度親戚からのプレゼントに歓喜します。プレゼントも結構値段の張るものが多く、アメリカ人のクリスマスにかける情熱は凄いと感心しつつも、子供達が貰ってから1時間もしないうちに手にあるおもちゃを放り出して次のおもちゃへ移るのを見ては、少し冷ややかに見てしまいます。ほんとにゲームしかしないし!!凹んでしまうけど、これが今の時代なんだってことですよね。

 

 今年は私は仕事がないので節約して主人に洋服をプレゼントをしました。私は前から気になっていたデンマークの作家であるAnne Blackさんの小さな陶器と大好きなアンソロの洋服を頂きました。Thank you !! 今まで共働きの時には考えなかった、小さな中にも感謝を持てるようになったことが今年の進歩でしょうか。

Anne Blackの作品は繊細で色使いが素敵です。アメリカにはないなーい笑

f:id:rainbowlight:20161228140812j:plain


anneblack.com

 

anthropology.com

 

年末の掃除

雑記

f:id:rainbowlight:20161223151628j:plain

明日はクリスマスイブですね。素敵なクリスマスイブをお過ごし下さい♪ 

フロリダは昨日までTシャツでも暑かったのですが一辺倒して今日は冷え冷えとした日でした。今週に入り家の整理と大掃除を始めました。家の中の要らないものを捨てて家具や棚を水拭きします。水の中に塩を入れて日ごろのたまった古いものを一掃するつもりで丁寧に拭いたら気持ちがすっきりとしました。

 昔から頂いた物はその人の思いと私がその人とつながるアイテムの気がして中々物を捨てる事ができません。頂き物だけでなく全般です・・・。ミニマルが一般に普及した日本人から見ると驚かれると思います。

 その私がやっと父から送ってもらって以来見るチャンスがなくそのままになっていた数々のビデオテープを泣く泣く捨てる事にしました。「今はインターネットで日本のテレビも見ることができるのもあるよ」っていっても、アナログ派の父は8mmのビデオテープに私の好きそうな番組を録画しては細かくきっちりした字でテレビタイトルのシールを貼って、重いのに国際便で送ってきてくれてました。こっちにはビデオデッキは今はもうなくなってしまったので、DVDに焼こうかと思ったら機材がかなり高く躊躇してしまい、結局捨てる羽目に。家を転々しても連れて持ってきたこのアイテムは父の思いが詰まっているので捨てられなかった。でも最後に感謝をもってお別れをしました。一つ一つこんな調子じゃー全然片付かないよ~。執着を捨てるという行為はヨガでも大切な事なのですが、本当に難しいです。

 ちなみに一般のアメリカ人は何でもバンバン捨てて買い換えます。あるいは日本のごみ屋敷と同じような人になるか、極端な気がする。ヨーロッパや日本に比べてリサイクルの概念はかなり少なく、要らないものは捨てるか、寄付します。私はアメリカ人の行動を見て反面教師でこれじゃいけないと思い、なるべく土に還る自然のものを買うようになりました。日本ならプラスチックも燃やすのでそこまで目に見える害はないのでしょうが、こっちは土地が余っているので埋め立てるだけ。ごみの山を作るんです。それを考えるとプラスチック製品や有害物質が出るものはなるべく捨てたくないなあと思うようになりました。自然の物の方が使う私達も気持よく使えますし、皆に優しい環境になれますよね。