NO YOGA NO LIFE

ヨガやフラワーエッセンス、アロマテラピーなど自然療法に興味があり、心と身体のバランスを取る方法などを紹介していきます。また自然や動物と暮らす中で感じる事なども綴っていこうと思います。

シイピア(イカ墨のレメディー)

今週末は喘息の発作が起きてしまい苦しい夜を過ごしたのですが、苦しみの後の光ともいうべき、ホメオパシーの凄いパワーを体験しました。

今までは喘息の発作が起きた時は西洋のお薬やハーブの取り方と同じように、本やインターネットで症状に効くと言われているレメディーを探し摂取していました。

でも今は指導を受けているエルンスト先生がこのアロパシー的な使い方は反対していてレメディーは本来のその人物の性質に沿って選ぶ事が絶対条件なので注意することが必要だと。

また、多くの人はいくつものレメディーをよくなるまで何日間か取るようにアドバイスしてるケースが多いのですがこれもNG。あくまでも一種類のレメディーを一回摂ってしばらく様子を見るのが彼のやり方です。なるべく不要なものは身体に入れない方が良いという考え方で、レメディー同士が喧嘩をする時もあるし、色々な要素が絡み合うので副作用がないからといっても100%ないかと言われればそうではないからです。

今回先生に相談したところ、全く私の頭にないシイピア(イカ墨のレメディー)の高ポテンシーを摂るように指示されました。数年前に受けた不妊治療の薬害を取る為に一ヶ月前にシイピア30cを、今回の急な発作には200cを摂るようにアドバイスされたのですが、半信半疑で摂ってみると数分もしないうちに普通に呼吸できるようになり、咳から来ていた肋骨のあたりや背中の痛みが消えました。もうびっくりです。イカ墨は今まで苦手で一回位しか食べたことのない私ですが、こんなに万能だとは知りませんでした。イカさん、ありがとう!!

シイピアは以下のような特徴の人に向くレメディーです。女性の強い味方ですね。(以下由井寅子ホメオパシーガイドブック①基本36レメディーよりシイピアの一部を引用

  • 女性、女性ホルモンの異常
  • 過労で口もききたくなく身体が思い
  • おなかの中に石が詰まっているよう
  • 吐き気、食べたり食べなかったりが激しい
  • PMS,更年期、ピルの害、生理痛
  • 妊娠中の問題(髪の抜け、マタニティーブルー)
  • 孤独、無関心、心を閉ざしよどむ、同情を嫌う
  • 燃え尽き症候群、付かれきっている
  • 女性なのに声が太くなりひげが生える
  • 性交を嫌い夫や子供まで疎ましくなる
  • 忙しく働くことを好み太りたくない
  • 激しい運動が好き
  • 膣下垂
  • 酸っぱい飲み物がすき 
  • 月経異常、膣が乾く、おりものがミルク色
  • ピルを飲んで以来調子が悪い

     

 

本当はフェルデンクライス・メソッドのよさについて書きたかったのですがホメオパシーの事で一杯になったので次回に書くことにしますね。(笑)

ホメオパシーの治療は個人差があるのでホメオパスにかかって治療することをお勧めします。ホメオパシーについては色んな意見があるので否定的な見方をする方もいますが私は体感で効果を感じているので気に入ってます。

猫との出会い(4)

過去に我が家の猫達を紹介していましたが、その後途絶えていたので続けて紹介したいと思います。過去の記事はこちら。↓

 

 

f:id:rainbowlight:20170418053307j:plain

↑ちょっと寄り目がちのウィローさん。態度でかくない?

今日の出会いの話は「ウィロー」です。3匹目に飼ったのはこの子がまだ小さな時で、といっても猫の場合は確か1歳にもなるともう子供を生む事ができるというのですからいつまでも子供扱いをするのは違うんですが確か初めて飼ったのは7ヶ月の時。

近所のペット用品のお店の週末里親イベントで出会いました。その頃は賃貸に住んでいて、アメリカは日本ほどペットを飼うことを嫌がるオーナーは少ないですがそれでも物件が限られていることや、何匹までという指定があるところもあって3匹はさすがに考えられない状態で主人はずっと反対してました。

ただその頃は私も動物愛護に心を惹かれ色々な団体で病気の猫を世話している人を見て、いつか私もそんな風に助けられる人でありたいと願っていたので、その日ボランティアの一人がある白くて美しい成猫が病気を抱えていることを教えてくれ、心が動かされました。しかも里親イベントでは子猫が優先的にもらわれていき、大人に成長した猫は引き取り手が少ない事を知っていたので、余計に何とか引き取れないか悩んでいたのです

主人は主人でその隣にいたウィローがケージの中で小さくなって震えているのに心を痛めており、私達は考える為に一旦ランチに出て話し合いました。結局病気の猫を生涯世話できるか自信がないと彼に言われ、私もその時は彼を説得できるほどの自信のない女子でしたので(笑)、ずっと3匹目を反対してた彼がもう一匹飼ってもいいというのであれば、どんな猫でも嬉しく、主人に譲りウィローを引き取ることにしました。

その時は主人が最愛の兄を亡くしたばかりで、兄の呼び名を付けてそれはそれは可愛がっていました。あれからもう6-7年は経ちますが、彼女はずっと主人に忠実な彼の最愛の猫です。

寝る時は彼が来るのを待って彼の足元で寝ています。シーポイント・サイミーズという種類のシャム猫のミックスの彼女。シャム猫の血が入ってるからか、とってもシャイで、内気そのものです。彼女のそばを通る時はおどかさないように静かに忍び足にしたり、触れる時もそぉっと触れないと逃げてしまいます。そんな子なのに寝るときはいびきをかいて寝たり、殆ど鳴かない彼女が時々虫やリスを追っかけて興奮する時にか細い声で鳴く時が何とも可愛いところ。

彼女の人を怖がる性質はかなりひどく、主人が2,3日の出張から帰ってきただけでもベッドルームの影に隠れるほどで何か大きなトラウマがあるのかもしれないと、過去のトラウマを和らげるスター・オブ・ベツレヘムや何かわからない怖いものを怯えるのに良いと言われるアスペンなどのフラワーエッセンスを色々リピートをしましたが、どうも他の猫ほど寛いだ状態にはならないので、今はしばらくやめて様子を見ています。何か良い方法があるといいなぁと。

そんな彼女も同居猫のモンティーとは一緒に寝たり、毛づくろいをして大の仲良し。反対にメス同士は仲が悪く、新入りのギジットとはたまに威嚇バトルを繰り広げています。やっぱり人間同様、猫の世界にも仲良しと嫌い同士があるようでそれを皆仲良くと願うのは人間のエゴですね。5匹飼ってみて思うのは、本当に千差万別な性格の違いがあるということ。常に新しい発見をくれる猫達なのでした。

 

 

手放した後の清々しさ

家で使っていない不用品をオークションに出そうか、ガレージセールでもやろうかと思ってずっと悩んでいたのですが、考えるのも面倒になってきたので今日は思いきって寄付しました。

アメリカには不用品を寄付するサーベーション・アーミーやグッドウィルといったストア(慈善団体)が結構身近にあり、着なくなった服や家具や家電を持参するとスタッフが受取ってくれます。希望者は税の控除をする為のレシートももらえます。他にも引越しの際に出る不要な大きな家具のベッドやダイニングセットなども事前に連絡すれば家までトラックが集荷に来てくれます。後々、勧誘があったりするような嫌な事も一切ありません。回収されたアイテムはストアで低価で販売されます。

おかげで気持ちがスッキリしました。ずっと買っても使っていないものや、高かったけど似合わなかった洋服や化粧品などは、惜しい気持ちや大切に使ってくれる人に使ってもらいたいという気持ちがあったりしたけど、今回は手放して新しい風を入れる練習をしたと思っています。どちらかというとアンティークや一つのものを長く使うのが好きな私は車の中で最後まで迷っている自分がいることに気付きました。けれども感謝されて、手放した後の気持ちの軽さといったら何にも変えがたいものでした。

その後立ち寄ったスタバで今日はとても暑かったのに、いつもの習慣でホットコーヒーを頼んでしまいました。(涙)「フラペチーノは太る!!」という呪縛から未だに抜け出せずにいる私。色んな人が美味しそうなコールドドリンクを持って帰るのを見て、次は絶対にフラペチーノをオーダーしようと固く誓いました。いつでも頭で考えずに、ハートで感じながら生きたいな~と思います。

花粉症の季節にヨガ

毎日ヨガの練習は続いていますか?忙しくなったり、精神や身体が重くなっていると練習から遠のきがちになりますが、5分でも10分でもいいのでマットの上に乗る時間を作ると続けやすくなりますよ。春になってガーデニングが忙しくなってから身体を動かしているのでアーサナの練習はいっか。と思って瞑想だけしたりする日がありましたが、1~2日空けると確実に身体が硬くなっているのを感じます。だから短い時間でも時間を作ってアーサナで背骨を柔らかくしておくのは精神を柔軟にする為にも大切な事。朝に時間が取れない時には夜ご飯を食べて寝る前に少しでもやると違います。

また、今の季節だと花粉症になる人もいると思いますが、花粉症になると鼻が詰まって口呼吸になり、呼吸が浅くなりがちです。呼吸が浅くなると脳に酸素が届きにくくなるので頭の働きも鈍くなります。辛いですよね。私自身の体験では鼻の洗浄を行ってからアーサナをするのを習慣にすると少しずつ花粉症もましになり、今年はほとんど症状が出ていません。(こちらでは2月~3月がシーズンです。)鼻洗浄は出来たり出来なかったりする日があるので毎日ではありませんが、アーサナを深い呼吸で行うだけでも終わった後は頭がスッキリします。アーサナや瞑想を続ける事で身体に取り入れる食べ物などの嗜好も変わっていき、それも影響してか症状が減ってきます。体質によっても異なると思いますが、私の場合は乳製品を減らすのも効果がありました。

 

中国残留孤児のドキュメンタリーを見て

Youtubeで最近の中国の様子をドキュメンタリーで見ました。日本に対しての見方が古い世代と若者の世代では変わりつつあるようです。中国では『知日』という日本を特集した雑誌が若者の間で関心が高まっていて日本文化に魅せられる人が多いのだとか。日本に多く押し寄せるツアー客の興味もショッピングから文化的なものへ変化しつつあるらしく、中国人の爆買いの印象が強い私は数年でそれだけレベルアップしたことにびっくりしました。

政治的な場面ではまだ両国は友好的とは言えない感じですし、お互い悪いイメージを抱いている事が一般的な意見だと思います。少し前まで戦争で敵味方であった国同士ですから仕方がないのも分ります。中国でも親の世代はまだ抗日の考えを持つ人が少なくないとか、そんな話はよく聞くのですがそんな中でも日本の良いところを受け入れようとする若者の姿を見て、やっぱり時代だなぁと感じました。このまま良い方向に進んでほしいです。

そんなドキュメンタリーを見終わると関連動画の一つに中国残留孤児の方のドキュメンタリーがありました。それらを見てると私が子供の頃にNHKで日本の家族を探しに来た中国残留孤児の方と家族が再会して泣きながら抱き合っている番組が定期的に放送されていたのを思い出し、その記憶が蘇ってきたんです。子供ながらにあまり意味が分らず、それでもその人達の泣き方が尋常ではなくて、日本人なのにもうすっかり外観が中国人となってしまった方達の様子が強く印象に残っていました。私は小さいながらに何故かその番組に惹かれていて、しばらくテレビから離れられなかったのを覚えています。

それで、この2、3日にYoutubeにある動画をいくつか見てはあの時何故あんなにもあの方達が泣いていたのかが大人になった今理解できました。それはそれは皆さん苦労されています。戦争の後に文化大革命があり日本人として生きる事の難しさがあり、日本の軍人や政府から見捨てられた思いなど、各人に違った辛い人生があります。

私は自分自身が海外に来て生活しているからこそ共感できる部分もあるのです。戦争が終わっても現地に家族がいたり、日本の家族に受け入れられなかったり、様々な事情がありそのまま現地に残る人も沢山いるようですし、日本に帰国しても言葉の壁や習慣が違って苦労する人もいます。日本人なのに、外的要因で自国の言葉を自由に使えない状態の人もいるのですね。高齢になってから新しく自国の言葉を学ぶは中々大変な事です。

そしてこうも思いました。もし外でぱっと出会ったらその方達は日本人なのに、中国語で話をしていればきっと中国の人だと思ってしまうだろう、そうするとその前提で話してしまうだろうと。そう思うと民族とか国民性って何だろう。日本人とか中国人とかアメリカ人とかメディアや教育などの影響を受けて人を外側から判断しがちだということに気がつきました。だって人種のるつぼと呼ばれるアメリカでさえ、「黒人女性を称えるイベント」とか、「ラテン文化をもっと知ろう」とか、良い意味でもカテゴライズしたアイデンティティーの育み方が一般なのです。

使う言葉や外側に表れる様相によって私は区別し、自分自身のアイデンティティーを位置づけがちだけれども、その前に我々は”人”であること。その人の外側を見てつながるのではなく、その人の魂(ソウル)を感じてつながることが必要なのではないでしょうか?

また占星術やヨガを学んでいると、我々が気が付かないとしても全てカルマが働いていることに気付きます。戦争というのは大きな国家のカルマを担っているので第二次大戦で敗戦した我々日本人は有難いことに、負のカルマは少なく、逆にアメリカなどはカルマを清算すべき日々が来ることでしょう。せっかく平和で精神性の高い日本に生まれてくることができたのだから、個人としてはこれ以上負のカルマを作らないように、人を恨んだり憎んだり、怒ったりするのではなく、許すこと、手を差し伸べることをするように積極的にしていきたいものです。

他の人のチャートを読む

いよいよ3月も終わりそうですが、毎日時間が経つのは本当に早いですね。ついこの間年が明けたと思ってからもう3ヶ月も経ちました。
私は先日面接に行った場所で落ち、他の求人からも連絡がないので自信喪失気味です。子供がいない夫婦2人の生活だと家で主婦だけをするのにさすがに罪悪感が出てきますが続けて取り組んでいくしかありませんね。

さて話は変わりますがこのところ家族や友達の誕生日を聞いてインド占星術のリーディングの練習をしています。まだ3,4人を始めたばかりですが出生図を見る度に驚きがあります。普段人を見る時には自分の思考パターンや行動パターンで判断しがちになってしまうもの。ヨガをやっているとある時期から自然とニュートラルな見方が出来てくるのですが、それでも私達は子供の頃(6歳まで)の習性や行動パターンを大人になっても無意識に繰り返してしまうので、全く自分とは違う人をついつい自分の考え方で見てしまったり、自分にとっては当たり前すぎて気付かなかったりすることも。
そんなところを占星術の出生チャートで見てみると、自分の見方が正しかったり、全く解釈が違っていたりして改めて普段のものの見方の偏りに気付かされます。

例えば私は妹の事をセンスに長けたお洒落さんであり、男前な竹を割ったような性格であり、誰からも愛されるきめ細かい愛情を持った優しい、素敵な女性、、、といつも尊敬してやみません。確かにその部分はそれはそれできちんとチャートに出ていて納得します。でも面白いのはそれだけではないところ。

私は心理学も勉強してたのである程度人の心を読めると思っていたけれど、あまり関係なかったです。妹がたまに弱気な事を言ってもあまり気にはとめなかったことが確かにチャートを作るとそれが出ていて、本人にとっては結構気にすることだったのかもな。と思ったり、口には出さないけど本人が感じている事が出てたり・・・。その他だと、その人の持つ才能や光の部分の素晴らしさに胸がワクワクしたり。とてつもなく面白いものを作るんじゃあないかとこれからの未来を感じて期待してしまうんです(笑)。チャートを見ると知ってる人間の姿を頭で理解するというより腹で分るというか、腑に落ちるという感覚です。

あと、他に面白いところではうちの主人なんですが、ホッとするのに秘密の空間が必要なようです。仕事帰りに一杯するところとか、男の人なら別の女の人の所とか(?)、自分だけの部屋とか。月が12室にある人は仕事と家庭だけだとストレスがたまるようなので、リラックスできる空間が欲しいのだとか。彼の口から聞いたのは2,3回であまり深く受け止めてなかったんですが、彼の中では大事だったのかもしれません。普段から彼の自由時間は邪魔しないようにはしてたけど、やっぱり時間の問題じゃなくて空間も大事なのね。と自分では理解を超えることもあると知りました。

予め分ってると、彼が自室に時々籠ってもあまり心配したり、気を害すこともないので占星術の知識は色々と役に立ちます。

そして以前は彼の悪い所に目を向けがちだったのが、チャートを見ると長所を沢山発見できました。声がいいところなんて、当たり前だと思ってたんですが確かに彼の話し方は明るく品がよい、男性にしては少し高めなので非ネイティブの私にとっては英語が非常に分かりやすかったんです。これは義理の弟にも言える事で彼も育ちの良い美声の持ち主です。良く通る綺麗な声というのは一種の財産ですね。人を惹きつける魅力があります。

というように占星術を使うと恋愛や夫婦間、親子関係なんかも改めて関係性や見方が変わるかもしれません。面白いですよ。私もまだまだ勉強したてで解釈はもっと多そうです。

春分の日

f:id:rainbowlight:20170321110135j:plain

若い頃は「今日は○○の日です。」と巷で話題にしていても興味をそそられることなんて殆どなかったのに、年を取って来ると変わりますね。一日一日大切な日であることが理解でき、自然の摂理が分ってくるから、春分の日なんかが気になるようになりました。こちらではアイルランドの移民が多いからかアイルランドのお祭りであるセント・パトリックスデーにはどこのお店も商戦が繰り広げられています。そして友達が集まってビールを楽しむ良い口実になっているんです。それも先週終わってクローバーの緑一色だった店頭が今はイースターグッズが並ぶパステルカラーに。

占星術の世界では春分がお正月のようなもので、今日から新しい一年がスタートします。今までの古い自分から新しい自分へ生まれ変わるいいタイミングなのに、私は喘息に加えて悪寒のような症状が出て体調を崩してしまいました。確か前回の冬至の頃も同じような症状がでて寝込んだ気がします。中医学では春分に人の体内の陰の気から陽の気に180度ごろっと切り替わるらしく、体調を崩す人も多いのだとか。

この際悪いものを出し切って、これからの一年を軽い身体で迎えたいものです。

ヨガでは「グラウンディングすること」を意識し身体を整え、普段ベジタリアンの私ですが、身体の欲求に応えて今日はお肉を頂きました。そうすると身体にエネルギーが沸いてきて一気に元気な気持に。時には身体に正直になるのもアリですね。