読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO YOGA NO LIFE

ヨガやフラワーエッセンス、アロマテラピーなど自然療法に興味があり、心と身体のバランスを取る方法などを紹介していきます。また自然や動物と暮らす中で感じる事なども綴っていこうと思います。

マントラを唱える時の注意

f:id:rainbowlight:20161223141810j:plain

ここ最近インド占星術の勉強を始めてまだ間もないですが、通っているヨガ教室は年末まで一ヶ月程お休みの為、今まで先生から教わった復習や日本語の良いサイトがいくつかあるのでインターネットで自習してます。覚える事や学ばなくてはいけない事が膨大にあるのですが、普段の調子で私はかなり結果や結論を急いでしまい、失敗して頭を打つことを繰り返してます。

 インド占星術ではこの世での個人の成功や利益よりも心の内面の平安や多くの人が幸せになる道を選ぶことを学ばせてくれます。それなのに、初心者の私は今ある少ない知識で自分のチャートを見て一喜一憂をしては、悪い惑星の影響がありすぎるとショックを受け、何とか逃れたいが為にその惑星の影響を和らげる為のマントラを一生懸命覚えて唱えていました。先生はこんな事は言いません、全て勝手に私が調べてやっていますした。私の場合、土星が色んな惑星にアスペクトしていて影響が強そうだったので土星のマントラからスタート。今まで色々なマントラやストーラムを唱えると気持が軽くなってアサナをするのと同様に体の中心線に気が通るような感覚があり、絶対的な信頼を寄せていました。

 そうするとあるサイトのトピックでマントラをむやみに唱える事は危ないですよ、と警告とその理由を説明しているのに遭遇。これが私にとってかなりガツンときました。今まで信じてたものには裏もあることを気付かされたショックな気持ち。この一週間で別のサイトでもサンスクリット語を学ぶ時にきちんとした先生から直接指導を受けるようにとあり、最近こうした注意が必要だなあと薄々気付いていたので、そういうことだったんだと妙に納得。

 マントラを唱える事で開運させるということはその人がすべきカルマをその時点でなくすもののそれは全くなくなるのではなく、ただカルマが来世などに延期されるにすぎないということ、そして例えでいうと銀行残高(=善行)とクレジットカード(=マントラを唱える事)の関係でマントラを唱えていいことがあれば、あなたが貯めてきたカルマの善行の残高は減り、そこからお金を引き出せばその分何かいい事をして貯蓄を増やさないと残高は目減りする一方です。クレジットカードで即ほしいものはゲットできるけど魔法のカードではないのでその代償は払わなくてはならないということ。

 このような話は通りいっぺんの浅い事ばかりを並べているヨガやスピリチャルのサイトでは一切教えてくれない。皆マントラを唱えることはいいことだというメリットしか伝えていないので、今回の事は考えさせられました。(もちろん色んな意見があるのであくまでも私個人の意見です。)ある友人はヨガのクラスなどほとんど受けた事がないにもかかわらず、ワークショップで「ガーヤトリーマントラを毎日唱えるといいことがある」と聞いたといって実践していたのですが、これも微妙なだぁと思いました。色んな意見がある中で、人によってはガーヤトリーマントラは女性は唱えるべきではないという人もいるし、そもそもマントラ行は聖者やバラモンの流れを受け継ぐ人だけが許されるもので直接彼らから教わらない限りは自分勝手に行う事は良い事ではないとされています。

 でもですよ!この世に直接インドに行くことができて、しかもその中で聖者、それも信頼に足りる聖者に会って教えてもらえる人がどれだけいるでしょうか。今の時代、インターネットで動画も配信されて一般の私達でも今まで秘伝といわれてきた教えを知ることができる有難い環境にあるんです。ただそれにはきちんとした知識や理解がなければ、より悪い影響を与えることになってしまうという、副作用の方も教えてくれる人がいなければとても怖い事になるなということ。結局ヨガをしてても、私はまだまだ現世利益を求めてたってことかとつくづく自分の浅さを見せ付けられた気がしてダライラマ14世の「入菩薩行論」を再度自分を戒める為に読み始めました。急がば回れってことだね・・・

【今日の学び】

物事を始める時には考えてから行う事

  • 聞きたくない事にも耳を傾ける事
  • 宝石やマントラなど分りやすい開運法で即効性を求めるのではなく、毎日のヨガの八戒を真摯に勤める事。八戒を改めて書いておくと次の通り。
  1. ヤマ (非暴力、真実を話す事、不盗、享楽の制御、必要以上の渇望や所有をしない事)
  2. ニヤマ(清浄、知足、苦行、自己学習、自己の献身)
  3. アサナ→ヨガのポーズで体を鍛える事
  4. プラナヤマ →呼吸法
  5. プラティヤーハーラ →感覚を研ぎ澄ませる、制感
  6. ダーラナ →集中
  7. ディヤーナ →瞑想
  8. サマーディ →悟り