読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO YOGA NO LIFE

ヨガやフラワーエッセンス、アロマテラピーなど自然療法に興味があり、心と身体のバランスを取る方法などを紹介していきます。また自然や動物と暮らす中で感じる事なども綴っていこうと思います。

自然のサイクルにあわせて生きる

f:id:rainbowlight:20170219120020j:plain

 

すっかり気候は暖かくなり、草木はぐんぐん成長しています。庭のオレンジの木からはネロリのような香りのする可憐な白い花が咲いていたり、バンブルビー(いい蜂です。日本名が出てきませんー。)が飛んでいたり。

太陽の光をあびて植物が大きくなるのを見ていると古くから日本人が「おてんとさん」といって太陽に親しんできた気持ちが理解できて、太陽の力に敬服せざるを得ません。

このところ干し野菜が気に入って、野菜やら果物をざるや新聞に広げて干しています。日本には気のきいた美しい道具がありますよね。前回帰った時には、蕎麦の汁を切ったりする丸ざるというのでしょうか、それが欲しくて色々探したものの、今はあまりスーパーなどには売ってなくてデパートで購入しました。それが干し野菜にぴったりで随分活用しています。

ところが、今までカバーなしでOKだったのに今日はリンゴにアリがやって来たのを見て、やばいと思うよりも「春だ。」とバカみたいに感心してしまった私。

その後ハッと思い直し、カバーを買って来なくては!と思ったもの、近所には干し野菜をするような文化がなく道具が売ってないのでどうしようかと考え中です。

アジアンマーケットに竹かごなんて意外に安く売ってるのではと淡い思いを抱きながら行ってみると、やはり売ってませんでした。代わりに何に使うのか不明なのですが大きめのプラスチック・メッシュが売られていたものの、無駄に派手で毒々しい色のプラスチック・メッシュは買うのがためらわれました。こんな時はアマゾンに頼ることになりそうです。良さそうなのがあるといいな。

先日やっと木枠を釘で止めただけの簡易のプランター(畑です)とコンポストの土をふるう為のふるいを作って土作りを終えました。後は、たねをまくだけです。次は楽しい作業が待ってるんですねー。土作りは大切と知ってるけれど、肉体的に重くてしんどかった。それだけの価値があることは分っているのでその工程は絶対通らなくてはいけない道なのですがね。農家さんは大変な作業をコツコツとされてすごいなと思います。

「自然は待ってくれないので、人が自然のサイクルにあわせて動かなくてはいけない。」と以前わたしに教えてくれた人がいます。

人も同じで、宇宙のタイミングにあわせて動く時に動かないと機会は待ってくれないとその人は話していました。その時は正に私が勇気を持って一歩を踏み出す時だったのですが、その時は私に準備ができていませんでした。動きたくない理由をいくつも並べて大切なものを守ろうとしました。それが良かったのか悪かったのかは未だに分りません。

今は占星術の勉強をしてある程度タイミングなるものがあることに気付けるようになったことや自分を深く知ることができたので、できることなら次はうまく波に乗りたいなぁと思っています。今週末は他州から来る占星術の先生のリトリートが3日間続くので勉強が更に楽しくなりそうです♪