読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO YOGA NO LIFE

ヨガやフラワーエッセンス、アロマテラピーなど自然療法に興味があり、心と身体のバランスを取る方法などを紹介していきます。また自然や動物と暮らす中で感じる事なども綴っていこうと思います。

アメリカで経験した面接

雑記

先日ケーキ屋さんに履歴書を応募して返事がなかったという話をしましたが、その後先週になって電話があり面接をすることになりました。
過去の記事はこちら↓ 

tree.hatenablog.jp

日にちがかなり経っているので正社員を先に一通り面接してからパートの面接をしているのか、あるいは前職者が辞めたかなんかの理由でしょうが私にとっては願ってもないチャンス。「面接までに練習して望もう!」と意気込んでいましたが、実際に始めてみて分かった事は、自分の人生を他人様に60秒で説明しなさいと言われても人生を要約することはかなり難しいという事。

色んな側面を持つ私がいて、人生には色んな出来事があり紆余曲折でやってきたけれども面接官はそんなこといちいち聞く耳は持たない。だからコアな部分の私、それも相手が魅力的だと思う私を抽出しなくてはいけない。それをうまく料理して初めて結果が出るというもの。

アメリカでは面接で最も多く聞かれる質問が「Tell me about yourself.」がだそう。
私は不勉強なもので今週初めてこの事実を知ったのですが、職歴について話すべきなのか、プライベートでは何がすきなのか、そういうことを話すのか、何から話したらいいの。ってそんな初歩的なところのレベル。答えとしてはなぜ自分がこの仕事に就きたいかというところへの導入らしいのですが自分らしさをアピールする機会でもあります。

このように予想されそうな質問と答えを考えてみては、一つ一つの項目につまづいてしまいます。特に難しくさせてるのは私の場合キャリアアップではなくて、キャリアダウンだから。

私としては自分のやりたい事というより得意とする事、過去の職歴を使える仕事をしてきたけれど、それでは幸せになれなかったから今度は自分が楽しめる仕事をと思い目指す方向性を変えました。が年も年ですので、相手に不安を持たれないように上手く伝えるのは結構悩みました。アメリカ事情では常識的にどこまで話してよいかを知ろうと主人にアドバイスをもらっても主人の答えはあまりにも一般的な考え方でなんだかスキっとせずに、確かな答えを探そうとしてしまいました。

最終的には主人の常識的回答を取り入れて練習することにしましたが、今日実際に面接に言ったらアメリカの雰囲気で話を沢山しないといけない雰囲気になり結構プライベートなとりとめのないことも話してしまい、肝心な自分の強みを伝える事を忘れてしまいました。面接の出来としては失格。これを機に、次はうまく自分の良さを伝えられるように練習します。

それでも面接をして下さったオーナー2人はとっても素敵な人達でした。握手した手があたたかったんです。こんな所に人柄というのがにじみ出るものですね。受かっても落ちてもこの2人に会えてお店のファンになってしまいました。

覚書。自分について英語でプレゼンテーションできるよう、棚卸し、そして短くまとめる事が必要。

アメリカにいると話が上手い人ばかりなので話す能力の重要性をひしひしと感じます。普段からポジティブな言葉で話をする癖をつけるのも大事だなーーと思った次第。