NO YOGA NO LIFE

ヨガやフラワーエッセンス、アロマテラピーなど自然療法に興味があり、心と身体のバランスを取る方法などを紹介していきます。また自然や動物と暮らす中で感じる事なども綴っていこうと思います。

愛しのアンナ・パブロワ

今日はなぜか朝起きてからサンサーンスの「瀕死の白鳥」が頭から離れなかったので、YouTubeでその音楽のミックスリストをかけて過ごしていました。

この曲を聴くと幼い頃に恋い焦がれたバレエの世界、そして自分の原点を思い出します。私は7歳くらいの時にクラシックバレエを習い始め、15歳くらいまで続けていました。

家の近くにある古い洋裁学校を利用して小さな個人のバレエスタジオが開かれていました。母は体の弱かった妹を習わせようとして私はただ付き添いとしてついていきました。結局、肝心の妹は全く興味を示さなかったのですが、レオタードのカラーサンプルを見るなり私の方が色とファブリックの美しさに惹かれて、自分も始めたいと言い出し母に許しを請いました。あの時のことは今でも鮮明に覚えています。

いつもボーイズライクな格好をさせられていた私は躊躇することなく、ベビーピンクのレオタードを選び、妹は3歳という年齢でクールにグレーを選びました(笑)。その時からチュチュやトウシューズといういわゆる女の子らしい世界に憧れて練習に励みステップアップしていきました。先生達のバレエに対する情熱と愛は半端なく、感化されたのは確かですし、純粋に音楽や踊りが好きで楽しかったのだと思います。ピアノや他のお稽古は辞めたくてしょうがなかったけどバレエは将来の事を考えたり親に反対されて辞めようと思っても好きで辞められなかったくらい、好きでした。

なぜ好きだったかは数え切れないくらいあるので今回は辞めておきますが、ヨガと同じで毎日毎日練習しても尽きることのない先があり、みんながその先を目指して最高の舞台を作ろうと一つになる所がたまらなく好きでした。今から考えるとバレエも肉体の表現を超えた内面を体で表現するという芸術であり、魂を表現するわけです。それが何とも粋で、かっこよかったんです。真剣勝負の大人達に魅せられていました。ヨガが対自分であるのに対し、バレエは対観客という違いはあるのですが、、、。(なので厳しい目で批判されるバレエと違い、自分を受け入れる事が許されるヨガは私を解放してくれました。)

母はよく国内外のバレエ団の舞台を見に連れて行ってくれましたし、私の習っていたバレエ団の公演や発表会にも見にきてくれました。父は疲れて席でよく寝てましたー(笑)。

その中でも忘れられない作品のこの「瀕死の白鳥」はおそらく2回ほど見た記憶があります。最近は知りませんが、昔のクラシックバレエの世界ではあまりメジャーでない作品でした。私が見たのはマヤ・プリセツカヤという有名なバレエダンサーともう一人は名前を忘れたのですが、私の先生の舞台に友情出演されていた方で二人とも素晴らしいパフォーマンスだったのを覚えています。

ただ昔から好きだったといえばそんな気もするし、そうではない気もします。けれどもYouTubeでアンナ・パブロワの昔の映像を見つけてから、人間離れした本当に瀕死の白鳥のような、あまりにも神がかったこの踊りを見て、私の思い描くバレエの魂の真髄をここに見つけた気がしてなりませんでした。彼女よりももっと今のダンサーの方がスタイルもいいし、テクニックも高い人が沢山いるのですが、その人達にできない表現をできるのがこの人を天才と言わしめてるんでしょう。バレエを知らない人でも本当に白鳥が今にも命が尽きようとしているように見えるんではないでしょうか。そこがすごい所なんです。

 


"LE CYGNE" (The Swan), with Anna Pavlova in 1925.